歯医者での施術イメージ

昔とは違う入れ歯、バルプラストとウェルデンツ

歯の模型

日本では若い世代でも虫歯などで歯を失う人が増えています。
歯を失った場合は保険が適用される入れ歯を入れる人が多いですが、それだと不便だという人も多いです。
自由診療の入れ歯は昔よりも進化しているので、保険適用の入れ歯から、自由診療の入れ歯に変更する人も増えています。

自由診療の入れ歯の中で注目を集めているのが、バルプラストとウェルデンツです。
どちらも金属のバネがないため、入れ歯を入れていると他人に気付かれる心配がないというメリットがあります。
保険の入れ歯よりも口の中に入れたときに付け心地が良いのが特徴で、食べ物がはさまって不快になることも少ないです。
残っている歯を削る場合は健康な歯を犠牲にすることになりますが、バルプラストとウェルデンツを利用すれば、健康な歯を削る必要がなくなります。

ウェルデンツは新しい歯科材料のひとつです。
従来の入れ歯は主にプラスチックが使われていますが、プラスチックに比べると弾力性と強度が数倍もあって水に入れると浮くほど軽いです。
ブリッジは両端の歯を削るリスクがあるものの入れ歯に比べると自分の歯のように食べることが可能です。
ウェルデンツは、その特性によりブリッジと同じような噛み心地を得ることができます。
水分を吸収することがないため、変形や変色のリスクも少なく臭いの心配もないです。

通常の義歯だと、歯に金属のバネを付けて固定するため他人に気付かれるリスクがあり、バネが唇にあたるため違和感を感じる人もいます。
ウェルデンツはバネを薄くできるので通常の義歯に比べて違和感が少ないです。
色が白いので外から見ても金属のバネのように目立つことがないのもメリットのひとつになります。

バルブラストも金属のバネを使わない部分床義歯です。
アメリカで開発されたバルブラストは、アメリカやヨーロッパをはじめ、アジアでも広く使われています。
歯の表面に金属のバネがなく、口の中に入れても入れ歯だとは気付かれないため日本でも人気があります。
丈夫で壊れにくく、厚さを薄くすることができるため、つけ心地がよいのも特徴です。
つけ心地がよいと快適な食生活を楽しめます。
これまでの入れ歯だとアレルギー反応が出て使えなかった人でも、安心して使うことができます。

現在は歯科医療も進歩しており、デメリットを改善した様々な義歯を使うことができます。
好みの義歯を選んで使うことで、生活の質を向上させている人も増えています。