歯医者での施術イメージ

差し歯とインプラントの違いを整理しよう

インプラントの仕組み

差し歯もインプラントもどちらも人工の歯を入れる治療法なので、同じような治療法と誤解している人もいます。
抜歯をしてから差し歯を希望する人もいますが、歯を失ったときには差し歯の治療はできません。
差し歯には保険診療できる治療もありますが、インプラントの場合には自由診療のみの治療法です。

差し歯は歯の上の部分が虫歯などで失われてしまっても、残った歯の根の部分に金属やプラスチックでできた土台を入れてかぶせ物をする治療です。
差し歯のかぶせ物には種類がいろいろあります。
保険診療の場合には白い部分が硬質レジンという素材でできたものを使用します。
レジンはプラスチックの一種です。
レジンのメリットはプラスチックなので噛むときに衝撃を受けても割れにくく、保険適用されるため費用を抑えることができます。

レジン以外にも陶磁器と同じ素材のセラミックを利用することができます。
セラミックは陶磁器なので長年使っても崩れにくく、噛んだときの衝撃にある程度まで耐えますが、限界を超えたときに割れてしまう可能性もあります。
前歯を差し歯にするときには自由診療のセラミックを使った治療のみという誤解をする人もいますが、保険診療も可能です。

差し歯は、自分の歯の根を残すことできますが、保険診療で利用できる金属製の土台を使うと入れた歯に亀裂が入って折れてしまうこともあります。
比較的安定な素材を使った土台もありますが、保険適用外で自由診療になるため高額な治療費となってしまいます。

差し歯はまだ歯の根に土台を入れられる、歯として使える状態が残っていることが条件です。
歯を抜かなくてはならない状態の場合や歯がない場合には差し歯にすることはできません。
歯がない場合にはインプラントで歯にすることができます。

インプラント治療では歯がない場所にはインプラント体という、チタン製のネジのようなものを歯の根の代わりに入れる方法です。
顎の骨にインプラント体を埋め込んで、人工の歯の根としてその上に人工の歯を埋め込んでいきます。

インプラント体は歯の骨に埋め込む工程や人工の歯をはめ込む工程、材料費が自由診療となります。
ただし、他の歯に負担をかけることなく治療をすることができますし、見た目もよりもともとの歯に近く、使い心地も違和感が少ないなどのメリットがあります。

歯がないときには他にも保険診療できるブリッジなどの治療法があり、金銭面での負担を抑えることもできます。
ただし、自分の口に残っている他の歯に負担がかかってしまい、見た目も天然の歯との色や使い勝手の違和感と短所があります。